« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月29日 (水)

この一年を漢字で表わすと?

私の場合は、「流」

小さな小さなみずたまりから、勇気を出して川に入って海に向かって??

流れているところです。

開院11年目の、大きなターニングポイントだったと思います。

今までは、自分を守ることばかり考えていたから・・・。

迷いや戸惑いの中、

すばらしい出会いに恵まれ、いくつもの光をみつけました。

うん、きっと、大丈夫。

来年も、元気にがんばります。

ふり返って、なにかつかみとったと思えるような年にしたいです。

きっと!

なごみ鍼灸院では28日が仕事納め、

1月四日から営業いたします。

みなさまも、よいお年をお迎えくださいますように♪

Kc3s0141

| | コメント (0)

2010年12月28日 (火)

10月に、北海道中標津高等養護学校に発注していた新製品が完成しました。

じゃああん!!

その名も、「なごみ皿」。お灸専用灰皿です。

Pa0_0003

お灸用の太いお線香がちょうど立てられるようになっており、

手のひらサイズで、安定感があります。

Pa0_0001

<手作りのためおおきさは微妙に異なります。>

Pa0_0002

<なごみQにもぴったりよ!>

自宅でお灸をする患者さんにも、

毎日治療に使う鍼灸師の方にもお勧めでーす。

往診治療にも、便利ですよ♪

もともと10年ほど前に陶芸教室に行った母に

「こんな感じでー」と、リクエストをして作ってもらった灰皿がもとになっています。

自分用にずーっと愛用していたものを、

師匠の薦めで販売用を作ることにしました。

色は、茶色と緑の2色。

実用的なのはもちろん、お灸グッズにも日常使いの雑貨としての、

かわいらしさ、美しさ、心地よさがあってほしいと思っています。

冬休みの間に、販売を始めたいと思います。

期間限定サービス企画、も考えています。

おったのしみにー!

学期末でお忙しい上に、学校の増築のための窯の引越しがあったそうです。

授業で指導していただいたU野先生、

ご協力をこころから感謝いたします。

どうもありがとうございました♪

Kc3s0111

なごみえんのマーク入りでっすscissors

Pa0_0000

| | コメント (2)

2010年12月23日 (木)

そもそも、アマランサスって何?っていうお問合せをいただいたので

ご紹介します。

ウィキペディア

File:2006-10-22Amaranthus04-03.jpg

南米アンデスが原産で、インカ帝国の主食でした。

ケシの実みたいな、ちっちゃいつぶつぶなんですよ。

日本では、江戸時代に観賞用として導入されました。

赤くてきれいですものねー。

必須アミノ酸リジンを多く含み、マグネシウム、リン、亜鉛、

マンガンなどのミネラルがたっぷりです。

カルシウムはなんと白米の60倍!

コレステロールを下げる働きもあり、

雑穀の中でもずば抜けた栄養バランスなんです。

NASAが21世紀の栄養食品として注目しているんですって。

インカ帝国の人は、これを食べて頭が良かったのかも!?

ただ、主食にするには、独特のえぐみがあるってゆーか、

ふつうに炊いておいしいっていうわけじゃないです。

高級品だし・・・。

ごはんに混ぜる雑穀の中にブレンドしたり、

パンやクッキーに少し混ぜたりする程度が一般的な使い方のようです。

アマランサスをタラコに見立てたレシピもあります。

私がアマランサスを作りたいと思ったのは、

栽培したあとの調整がラクだからです。

「脱穀」という作業がなくてもそのまま食べることができるのです。

(お米で言えば、籾殻を取り外す作業がいらないということです)

とはいえ、乾燥したものを葉っぱや茎、ゴミなどと分別するのは

とってもたいへんな作業です。

7年ほど前に試しに、栽培したことがあるのです。

その年はたまたまあたたかくて成功したのですが、

分別作業に何日もかかってしまいました。

「とうみ」があればさらにラクにできるはずです。

アマランサスの種は、東京から取り寄せたものを使っていましたが

どんな植物でも、地元でとれた種のほうが、

その土地にあって、いいものができるそうです。

今年てつなぎ工房で蒔いた種は、浦幌町の農家さんから

譲っていただいた種でした。

感謝です・・・shine

来年は弟子屈産のもっと強い種を蒔くことができそうです。

| | コメント (0)

2010年12月19日 (日)

アマランサスの続きです。

ちょうど背丈くらいの高さに育ち、きれいな赤い穂を実らせていました。

プランターに種まきした苗をを畑に移植したそうです。

はさみでチョッキンと収穫しました。

これをしばらく乾燥させます。

お預かりして、自宅のボイラー室にひろげることにしました。

Kc3s0021

Kc3s0022_2

さてさて、そこで「とうみ」の登場です!

Kc3s0023_2

上の三角部分に入れたものが、下の樽の部分に

ゴミと実を選別して、落ちてくる、という原理です。

Kc3s0025_2 Kc3s0030

ハンドルを回す速度や、クギでふたの開く大きさを調整することで

収穫したものにちょうど良い風力を作り出します。

原理としてはシンプルなんですが

うまく説明できないんですよね・・・。

ちなみにこの農機具、先日見学に行ったもぐさ工場でも使っていました。

もぐさ用のものは、中で熱を帯びないように、

まったくクギなどの金属を使わないつくりなのだそうです。

さて、アマランサスはまだ乾燥していないので、練習のために、

てつなぎ工房さんで収穫したという、大豆をとうみがけしてみました。

Kc3s0020_2

(お味噌を作るのだそうです。すごいですね♪)

Kc3s0027_2 

四苦八苦しながら、収穫物の重さと、風の出方がぴったりとあうと・・・。

!!!

ものすごい速さで見事に分類できました!

Kc3s0029

すごい、すごい。大成功でした!

来年乾燥したアマランサスをお持ちする予定です。

手つなぎ工房のみなさま、

本当にありがとうございましたshine

| | コメント (0)

2010年12月16日 (木)

10月半ばの出来事です。

思い入れがありすぎて記事にできず、こんな時期になってしまいました。

初霜が降りる天気予報がでたある日、

弟子屈町の 手つなぎ工房 へ向かいました。

実は、さかのぼること3年前。

アマランサスという雑穀の栽培に挑戦したこと、ブログに書いてきました。

失敗したことも。

自分で言うのもなんですが、しつこいというか、諦めが悪い性格なので、

手つなぎ工房さんのご協力で、毎年こりずに続けていました。

自然農法をしている浦幌町の農家さんに見学に行ったり、

「とうみ」という古い農機具を広尾町の方から譲っていただいたり、

雑穀料理の研究?をしたり、地道に準備を重ねていました。

そして、3年目の今年、皆さんご存知のように、猛暑の今年。

なんと収穫できたとの事!

さっそくお手伝いに行ってきたのでした!

Kc3s0019_2

Kc3s0017_2

つづく。

| | コメント (0)

2010年12月11日 (土)

中標津町の広報紙に文章を書かせていただく機会がありました。

だれか書かない?という言葉に、

「はーい!書きいデーース!!」と、元気よく立候補したのでした。

だって、そんなステキなチャンス、最初で最後かもしれません。

お灸やつぼのすばらしさを600字ほどにぎゅぎゅーーっと濃縮するつもりでした。

この思いのたけを、あますところなく伝えなければ!!(鼻息)

・・・・が、

かけない。

書きたいことがありすぎて、まとまらない。

エッセイ風・・・ていうのが、まず、でてこない。

なんか、あやしい宣伝文句みたいになってしまう。

そして何度もボツになったあげく、いろいろアドバイスをいただきつつ、

なおしてもらい、完成したのでした。

いつ掲載されるのかな?ドキドキです。

町民の皆さんに興味をもっていただけるといいな。

| | コメント (2)

2010年12月 9日 (木)

7日火曜日のNHK「きれいの魔法」、ごらんになりましたか?

いつもお世話になっている、目白鍼灸院の柳本真弓先生が

ゲストで出演されていました!

テーマは、

「顔もすっきり!首こり解消ツボ刺激&マッサージ」

おきれいな柳本先生が言うと、説得力があるんですよ~。

女性鍼灸師が、こういった形でメデイアに取り上げられることって

もしかして初めてかもしれません。

拍手をしながら見ていたわたしです♪♪きゃー!

見逃した方は、今月号のテキストに載っていますので、ぜひご覧ください。

51scaxzhmjl__sl500_aa300__2

Caomzc1x

| | コメント (4)

2010年12月 6日 (月)

早いもので、12月になってしまいましたね。

遅ればせながらなごみ鍼灸院も、クリスマス仕様となりました。

しょぼい・・・とも言われますが、気持ちですから、気持ち。

Cagz2i02

Cathvz90

ささやかながら、クリスマスプレゼントもご用意しておりますよ。

先着順で、通販や治療院でなごみえんの商品を買ってくださった方に

差し上げる予定です。

お楽しみに♪

今年の冬は気温が高く、こちらではまだ雪が降りません。

果たしてホワイトクリスマスになるのでしょうか??

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »