« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月29日 (火)

愛媛県の道後温泉のお土産に、

竹でできた、「湯籠」をいただきました。

タオルやせっけんをこの籠に入れて、

温泉にはいるんだって。

し、か、も!!

名前入りなんですよ。うれしいな。

お花をかざったりしてもすてきですね。

ありがとうございまーす!

竹

| | コメント (0)

2008年4月27日 (日)

なごみえんマークの温湿布出来上がりました。

印
印

| | コメント (0)

2008年4月25日 (金)

標

| | コメント (0)

2008年4月23日 (水)

先日どどーーん!と、大きな荷物が届きました。

中には、25着もの着物が詰まっていました。

98歳のおばあさまが亡くなって、ご家族の方が処分に困っていたというところを

お友達の紹介でお願いして譲っていただいたのです。

中には手縫いのものも多く、普段着の懐かしい柄でした。

帯は、さっそく昨日のお茶のお稽古で締めました。

着物も、サイズを直して着れそうなものもあるし、

なごみ温の材料にもなりますので、

ありがたく、大切に、使いたいと思います。

どうもありがとうございました。

私は古いものが大好き♪で、

着物地の手触りは、何にも変えがたい魅力があると思います。

しかも手縫いだったりするんですよ。

キャーheart01

よそ行きのいい着物は形見分けにしても、

普段着の古い着物は、処分に困って、

トラックで捨てに行ったなどというお話を聞くと、

胸が苦しくなる想いです。

障がい者の作業所などで集めているところも多いので

どうか問い合わせてみてください。

あるいはなごみ鍼灸院でもお受けしていますよ!!

| | コメント (0)

2008年4月21日 (月)

今日は釧路市で昨年開業された

真徳鍼灸院の阿波先生がきてくださいました。

いろいろアドバイスいただいたりして

楽しかったです。

同業者のお仲間が増えるのはありがたいことです。

これからもどうぞよろしくおねがいしまーす。

| | コメント (0)

2008年4月19日 (土)

暮

| | コメント (0)

2008年4月17日 (木)

やっと春らしくなってきた今日この頃。

患者さんにいただいた「ゆーず」がお気に入りです。

高知県の馬路村というところでいろんなゆず製品を作っています。

ゆーずは、6倍くらいに薄める濃縮ジュースなんです。

ホットでもひやしてもおいしいし、

焼酎でわってもウマウマshine

http://www.yuzu.or.jp/shop.html

馬路村のHP、とってもかわいらしいです。

らららーん♪ゆずっていいよね!!

北海道では超ぜいたく品なので、ほとんどなじみがなかったのですが

義妹が徳島出身ということから、

毎年冬に贈っていただくようになりました。

あの香り高さ、只者ではありません。

なんてすばらしい果物。

| | コメント (0)

2008年4月15日 (火)

壁ぬりが大好き♪

なごみ鍼灸院の改装のときにも、

自分でぬりました。

塗ること自体が楽しいし、出来上がりもいい感じだし、

においや湿気を吸収してくれる、スグレモノなのです。

とある新築のおうちの壁塗りの日、

大工さんにお願いして、一部屋だけ塗らせてもらいました。

塗

準備万端。やるぞー!

材料や下準備はぜんぶプロの大工さんがやってくれたので

気が楽です。

塗

ぺたぺたと、地道な作業。

細かいことは気にしないのが、コツ!?。

塗

丸一日かかって、できあがり。

かわいい貝殻などかざって大満足であります。

| | コメント (0)

2008年4月13日 (日)

春になれば芽が出るし、

秋になれば実を結ぶ。

反対に、夏には、いくら雑草を抜いても抜いても、

ものすごい勢いで次々に生えてきますし、

寒くなってから種をまいても、ちっとも大きくなりません。

そういう時期っていうのがあるんだよね。

どうしようもないと思っていることでも

そのときがくれば、自然とふさわしい状態になるはずです。

だから自分の都合だけで

「もっともっと、芽を出せ!」

なんていっちゃあいけません。

不自然な努力は実を結ばないどころか

害になることだってあります。

ってことを考える今日この頃・・・。

| | コメント (0)

2008年4月11日 (金)

ブログをはじめて、気がつけば2年以上たちました。

初めのころを読み返してみると・・・

硬いcoldsweats01

緊張感が伝わってくるようだ。

何を書いたらいいのか、わかんなかったんですよね。

カッコいいことかけないし、

あんまり赤裸々に書くのも、シャレにならないし、

すごく時間もかかって書いても、

あとで読み返して、いやだなあと思って削除したこともあります。

でも、書くことで、考えていることが整理されるって部分は

ありますよね。

なので、最近は、自分のために書いているようなものです。

こんな私ですが、どうぞよろしくです。   snail snail

| | コメント (0)

2008年4月 8日 (火)

お茶のお稽古を始めて4年ほどたちました。

なかなか上達しませんが、週に一度の大切な時間になっています。

お点前は、視、聴、嗅、味、触の五感をすべて使います。

季節感のある、お茶碗やお花や、掛け軸があって、

シーンとした空間に響く、炭の燃える音や、ひしゃくですくう水の音。

お抹茶の香りや、お香の香り。

お花や季節をかたどって、きれいでおいしい、お菓子。

焼物の手触りや、着物の着心地。

BGMや、派手な演出はないけれど、

しみじみと贅沢なひと時で、私は確かに生き返ります。

これはすでに現代人にとって、「治療」ではないかしら?

茶道療法・・・なんちゃって。

でも実はすべて、日常生活でできるはずのことです。

それが、できなくなっちゃってるんだなーーー。

普通に、季節を感じること、簡単なようで、わすれがち。

| | コメント (0)

2008年4月 6日 (日)

「40にして惑わず」っていうらしい。

えーっと、・・・・無理無理ーーsweat01

まあ、孔子と比べてもねえ。

それでも、ひとつひとつ、目の前のことから、

できること、やっていくよscissors

| | コメント (0)

2008年4月 1日 (火)

黙
ホームセンターの金具の前で
人は沈黙する。
心に秘めた理想を
ひたむきに追い求める。
その真剣なまなざしよ。

| | コメント (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »