« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月30日 (金)

いろいろご心配いただき、ありがとうございました。

鍼灸院には交通事故の後遺症などでムチ打ちの患者さんが

多くいらっしゃいます。

頭痛やめまいなどを伴うものから、肩こりが気になるようになったのは

昔の事故がきっかけかなあ、という方も。

このような症状に鍼灸はとても効果があります。

交通事故などで首をいためたら、まずは病院でレントゲンを

とらなければなりません。

もしも頚椎に損傷があったら、たいへんです。

幸い骨に異常がなければ、次に心配なのがムチ打ちです。

事故当日よりも、次の朝や、時間がたってから

症状が出てくることがあります。

お勧めなのは、当日、症状が出る前に、鍼灸治療を受けることです。

自己流で局所を強くもんだり、指圧するのは、避けてください。

鍼灸治療で、全身のバランスをとり、こわばりもほぐすことで

次の日の症状を最小限に抑えることができるでしょう。

今回の私の場合をご報告しまーす!

事故の直後、警察を待っている間、

右の背中の打撲が痛かったので、しゃがみこんで到着を待ちました。

救急車の中では、背中にクッションを当てていただき、

横になっていたので、楽になりました♪

病院についてからも診察までベットに横になれました。

検査や、電話連絡などで歩き回っていると

背中から首、側頭部に痛みがありましたので

手の合谷や中渚など、つぼ刺激をしていました。

これが、かなりいいんですよーー!

すうっと、背筋が伸びる感じがしました。

ああ、ここに鍼があれば、自分でさしたのにーー。ハガユイ。

そんなこんなで、病院には4時間以上もいたでしょうか。

おわったらすぐさま杏園堂鍼灸院にタクシーで向かったのです。

鍼したーーい!と、こんなに強く思ったことはかつてあったでしょうか。

そんなケダモノのような?私を暖かく迎えてくださった杏園堂の皆様(涙)

至福の一時間でした。

ぽわーーン・・・

・・・・・

終わったら、なんだかキモチも落ち着いて、体も温かくなりました。

院長をはじめ、スタッフの皆さんの暖かさがつたわってきました。

感謝。

***

さて、まだまだ長いので

続きはあした!

| | コメント (0)

2007年11月27日 (火)

やってしまいました。

昨日、いつものように753号で釧路に向かう途中、

カーブで滑って、横転&ポールに追突。

無残な姿となりました。

幸い相手もいなかったし、

救急車で病院に運ばれた時は、走馬灯のように

いろいろな思いがよぎったものですが、

けがもなくて、本当にラッキーでした。

*

病院からまっすぐ、杏園堂鍼灸院に向かい、

ムチ打ちの治療をしていただきました。

スタッフの皆さんに暖かく迎えていただいて、

体も心もほぐれました。

ありがとうございます!

事故のときにとおりがかった車が、偶然にも警察の方で、

車から引っ張り出してくれたり、てきぱきと手続きをしてくださいました。

ありがとうございます!

そしてそして、中標津から父が迎えに来てくれました。

一言もとがめることなく、車屋さんや警察の手続きに付き合ってくれました。

ありがとうございます。

*

帰ってこれて、本当に、良かった!

皆さん、冬道にはくれぐれも気をつけてくださいね。

| | コメント (7)

2007年11月23日 (金)

朝日新聞社から発行しているアエラの姉妹雑誌、『FIORE』http://fiore.asahi.com/

目白鍼灸院http://mejiroacu.com/の記事が掲載されました。

Img_fiore

院長のマユミさんは美容鍼灸やリンパドレナージなど、今までの

鍼灸院のイメージをいい意味で裏切るような治療をしていらっしゃいます。

*

札幌で6月に開院した水月鍼灸院http://members3.jcom.home.ne.jp/mizuki.acu/

体験レポートが円山の地域情報サイト「CORNER」http://www.corner-maruyama.com/pickup/2007_11/pu20071121.html

にのっています。

院長のいずみさんもとっても勉強熱心で、独自のアロマ鍼灸や、

美容鍼灸で、女性むけのサロンのような治療院です。

*

お二人とも、帯広の東方鍼灸院http://www.netbeet.ne.jp/~seitai/

中医鍼灸研究会で出会いました。

同じ道でがんばっている女性と出会えて、とても励まされます。

みなさん、女性らしい感性とか、視点を仕事に生かしているんです。

*

私が開業した当時、女性の鍼灸師の知り合いはほとんどいませんでした。

なんとなく男社会な業界なのかなあと、心細く感じたモノです。

(いえ、実際は、すばらしい先輩ばかりで感謝のきもちでいっぱいです!!)

これからますますいろんな形の鍼灸院が増えてくるだろうと思います。

とっても楽しみだし、私自身も、少しづつでも、成長していきたいです。

| | コメント (2)

2007年11月21日 (水)

めっきり寒い今日この頃。

電気毛布のなかにいるときだけが生きてるって気がする。

・・・いけない、いけない!

鍼灸師の私がこんなことでどうするの?

みんなをあったかくするのが仕事なのに!

外で働いてる人だっていっぱいいるっていうのに!!

東洋医学では寒さにやられる事を「寒邪」っていいます。

寒邪が何じゃ!の心意気でがんばります。

(ここ、笑うとこね)

| | コメント (0)

2007年11月19日 (月)

寒くて!
ついに解禁しました。

| | コメント (0)

2007年11月16日 (金)

今年も奴がやってきた。
冬でござんす。ひゅるるーんって。
昨日は初雪でした。

| | コメント (0)

2007年11月14日 (水)

よくトイレなどで見かける、人生訓みたいなのが大好き。

先日、なかなか良いものを見つけた。

いいことばっかりじゃなくて、ちょっとブラックが入っているあたりが秀逸。

格言発見

| | コメント (0)

2007年11月12日 (月)

別海町で開催中の「大竹伸朗展」見てきました。

http://www.aurens.jp/ohtake/

手作りのサイロ小屋が会場で、10日のトークショーには

ご本人もいらっしゃって、お客さんが100人も集まったそうです。

ウルリー牧場の皆さん、すごいパワーなんです。

Urri_3

| | コメント (0)

2007年11月10日 (土)

今日は地元情報誌ビギナーさんの取材日。
ほとんど口コミでやってきたので、地元デビューと言っても過言ではない?
怖くないイメージをアピールしたいな〜と思い、子役モデルをお願いしました。
可愛い女の子が二人、なごみ灸をする図。い〜ね〜♪
いつも来てくださるEさんの娘さんに協力していただきました。ありがとうございます。
25日発行で地元のセイコマ等においてあります。

| | コメント (0)

2007年11月 8日 (木)

なごみ温のクリスマス柄、限定品出来上がりました。

トナカイやツリーがかわいらしいでしょう♪

肩用はさっそく売切れてしまいました。

腰用と目枕用、少々残っています。

クリスマスプレゼントにいかがですか?

ご予約受付中でーす!

Kurisu1 Kurisu2

| | コメント (0)

2007年11月 6日 (火)

昨日、通りすがりに見つけた占いコーナーに行ってみました。

な、なんと。

来年からの私は、天中殺アーンド大殺界なんだそうだ。

どんだけーーー。

勉強の時期だと思って、静かに過ごし、

決して新しいことには手を出さないようにといわれました。

なるほど。

それはそれで、ちょっと気が楽になるかもしれない。

なんて元来怠け者の私は思ってしまった。

ついつい衝動的になってしまうところがあるので

気をつけましょう。

世界753化計画は水面下で進めるとしよう。

| | コメント (2)

2007年11月 4日 (日)

寒くなりましたね。
クッションカバーを冬用にして、ストーブを物置からだしてきました。
この季節、めっきり出不精になります。もともとなんだけど、さらにオウチ好きに。
しかし、これが陰陽のバランスとも言えよう。
春になったらパワーアップ!・・・かもよ?

| | コメント (0)

2007年11月 2日 (金)

この前も書いた「佐藤可士和の超整理術」に、いまだにはまっています。

読めば読むほど、興味深い!

自分の生活にも実践しようと思うと、

あらゆることを根本的に見直すことが必要です。

昨日は冷蔵庫内のマヨネーズの置き場所についてじっくりと考えてみた。

(そしていいことを思いついた。)

小さなことからはじめると、大きなことにもつながっていく。

今の仕事の取り組み方に、満足してはいるけれど、

もっと大きな視点で捉えなおすことができれば

これから先の方向をより自分らしく進むことができるって思う。

私は何でも上手にできるわけじゃなく、弱気で

周りに流されたり、人と比べて落ち込んだりしがちです。

そんなときこそ、心の中の芯になる部分を大切にしていると、きっと助けになる。

3年日記帳が、ちょうど来年新しく切り替わるので

次のビジョンを持つにはちょうどいい時期です。

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »